2016年12月31日土曜日

密対連10大ニュース 2016

◆今年も下記の各県警に捜査依頼文書を送付しました。

兵庫県、茨城県、香川県、愛媛県、大阪府、神奈川県、埼玉県、
宮崎県、福岡県、和歌山県、愛知県、岐阜県、奈良県、沖縄県、
長崎県、千葉県

 1.香川県警では地域課と生安の連携が功を奏し、快挙!

 2.埼玉県でカスミ網密猟が発覚、捜査依頼。

 3.上智大学の依頼で、学生を対象に「環境犯罪」をテーマに話す。

 4.和歌山県で鳴き合わせ会員による違法飼養が発覚130羽押収。
  にも関わらず和歌山県では全国で唯一愛玩飼養を容認している。
  愛玩飼養の廃止を求めて仁坂吉伸知事宛『要望書』を送付。

 5.愛知県による鳥獣保護員研修会において事務局が講師として赴く。

 6.環境省による第12次鳥獣保護事業計画のパプコメに意見提出。

 7.長崎県警と鑑定書作成の是非について協議→警察庁とも論議。

 8.警察庁の依頼で「関東管区警察学校」で全国各本部の係長等を対象
  に講演。全国各署の方々と懇談する機会を得た。

 9.朝日新聞大阪本社記者による「300歳メジロの怪」という記事が掲載、
  大きな波紋を呼んだ。

 10.福岡県には43歳のメジロが飼養更新されているなど、ずさんな愛玩飼養
  更新が発覚、S県会議員によって徹底追求された。(新聞報道)

2016年11月10日木曜日

大阪自然史フェステイバル

各位

『大阪自然史フェステイバル』に出展します。
11月19日(土)~20日(日)9:30~16:30
大阪市自然史博物館

メジロの鳴き合わせ会のお膝元で開催されるイベントに出展します。
3回目の出展になりますが、大阪の人々が密猟の事を余りにも知らなくて、
又無関心さにも少し驚きです。
市民との対話から何かがうまれてくる事を信じて・・・

拡大

43歳のメジロ 福岡県が調査

2016年10月8日土曜日

~ワシントン条約第17回締約国会議の結果概要~

平成28年10月5日

●ワシントン条約第17回締約国会議が、9月24日(土)から10月4日(火)まで、
ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)で開催されました。
この会議では、国際取引が規制される種を定めている附属書の改正が行わ
れたほか、条約の運営事項や種の取引と保全に関する決議等が採択され
ました。

1.附属書の改正
98種類(※)についての62提案について審議された。主な附属書改正の結果は
以下のとおり。

(1)ヨウム:附属書Ⅱから附属書1に移行

(2)センザンコウ全種:附属書Ⅱから附属書Iへ移行

(3)ミミナシオオトカゲ:附属書Ⅱに掲載

2.象牙の国内取引
象牙の国内市場の閉鎖を求める決議案が提出され、審議の結果、密猟や違法取引に
つながる国内市場の閉鎖を求める内容に修正された上で決議が採択された。

3.ウナギの保全
ヨーロッパウナギの附属書Ⅱ掲載の効果の評価やニホンウナギを含むウナギ種の
資源や貿易の状況等について研究・評 価を行う場を設けることが合意された。

4.次回の締約国会議
次回締約国会議は、平成31年(2019年)、スリランカにおいて開催されることが決定された。

2016年6月10日金曜日

和歌山県から

~鳴き声の良いメジロがほしかった…~

83歳密猟団〟男5人書類送検 和歌山県警


和歌山県警和歌山西署は30日、メジロを違法に捕獲した容疑(鳥獣保護法違反)で和歌山市の食品製造業や無職など68~83歳の男5人を書類送検したと発表した。捕獲や飼育などが原則禁止されているメジロを、約130羽、県内外の山林で違法に捕獲、飼育していたという。

 同署によると、5人はメジロの鳴き声を競う「メジロ鳴合わせ会」に所属していた。いずれも「鳴き声の良いメジロを求めて違法と知りながら捕獲していた」などと容疑を認めている。